モリヨシダ(mori yoshida)パリ店舗のケーキが美味しすぎ!

ゆっこ

モリヨシダのケーキが美味しすぎる!!

モリヨシダ(mori yoshida)とは、パリで活躍中・気鋭の日本人パティシエ・吉田守秀(よしだ もりひで)さんが作るパティスリーショップ。

日本のTVチャンピオンで連続優勝を果たし、チョコレートの祭典「サロン・ド・ショコラ」でも外国人賞を受賞するほどの腕前なんです。

2021年8月にはフランス菓子の作り方を解説するYoutubeチャンネルも開設!

フランスに住んでいる方はもちろん、フランス旅行予定の方もモリヨシダのケーキは一度は食べてみて欲しいです。

ケーキのお味はもちろん、ショップの内装・包みまでがとても上品で気遣いに溢れているのが分かりますよ。

フランス在住・フランス旅行予定の方は

パリの店舗へのアクセス・営業時間

日本でモリヨシダを購入したいなら

日本の店舗へのアクセス・営業時間

目次

パリの店舗で購入したモリヨシダのケーキを紹介!

今回わたしがモリヨシダで買ったスイーツはこの3点。

手前から、紅茶のケーキ「ベージュ」、チョコタルトの「タルト・オ・ショコラ」、スフレタイプの「チーズケーキ」です。

モリヨシダのケーキは固定してくれる
  • ベージュ(Beige)
  • タルト・オ・ショコラ(Tarte au Chocolat))
  • スフレチーズケーキ(Cheese Cake)

食べてしまうのがもったいないほどの完成度で美しいったらありゃしない。

惚れ惚れしてしまいます。

モリヨシダのケーキ・価格帯

ベージュ

値段:6.4€

モリヨシダの芸術的な「ベージュ」

アールグレイを使った紅茶のケーキ「ベージュ」。

紅茶風味のサクサクタルトの中に紅茶クリーム、上にはアールグレイの香り高い紅茶ムース、アールグレイ茶葉とホワイトチョコレートの花びらが飾られています。

紅茶好きなら一度は試してほしい絶品ケーキです。

チーズケーキ

値段:6.2€

モリヨシダのチーズケーキ

モリヨシダのチーズケーキはタルト生地、チーズクリーム、スフレチーズに生クリームとビスケットが載って、様々な食感を楽しめます。

フランスではチーズケーキが珍しく、特に「スフレチーズケーキ」の存在を知るフランス人が少ないため、知名度も人気もあまりないのが現状。

フランス在住日本人としてはモリヨシダさんのおかげでチーズケーキがもうすこし市民権を得て人気になるといいのになと思っているところです。

タルト・オ・ショコラ

値段:6.5€

す、すみませんーー写真を撮る前に食べてしまいました・・・。

濃厚なチョコクリームが載ったチョコレートタルトで、結構濃厚でした。

ケーキの価格帯は1個6ユーロ前後

気になるお値段ですが、ケーキ3つ買ってお会計は合計19€(ユーロ)。

パリのケーキ屋さんとしては決して安くもないけど高くもない絶妙な価格帯です。

とくにモリヨシダさんのケーキを一度食べてみたら、あまりの美味しさに必ずリピーターになってしまうはず。

この値段なら躊躇なく出せるなあという印象です。

モリヨシダケーキ値段レシート

持ち帰り時の注意点

モリヨシダのケーキを持ち帰る際、春夏の暑い日なら大きめの保冷袋を持参したほうが安心です。

持ち帰り用の箱は正方形。

横長ではなく幅があるので、バッグやリュックサックなどに入れにくいのが難点ですね。

パリで注意すべきスリや強盗は、両手がふさがっている人を狙ってきやすいため、なるべく荷物の少ない日にケーキを購入するのが安心ですね。

【ホスピタリティ】さすが!と唸る持ち帰り用箱の気遣い

モリヨシダのケーキ箱

ケーキを持ち帰る箱は分厚い紙製のゴールドの輝くケーキボックス。

しかも、ケーキが動かないようにケーキ台紙の底部分にセロハンテープを貼ってくれていているんですよー!

こんな気遣い、雑な国フランスでは見かけたことありません!!

家に帰って全く崩れていないケーキを見てホスピタリティに惚れましたね。

ゆっこ

さすが細かいところに気づく日本人らしい心配りですね

保冷剤について

わたしのケーキ購入時期が冬だったので保冷剤は付属されませんでした。

基本的にフランスのケーキ屋さんで保冷剤はつけてくれないのが一般的。

が、レジスタッフの方は明るく親切な日本人女性2名でしたから、もし保冷剤がどうしても必要なら聞いてみてもいいかもしれません(が、期待薄です)。

モリヨシダのパティスリー紹介

定番商品が中心ですが、季節によって旬の素材を使用した期間限定ケーキが出ます。

下図ショーウインドウの写真に写っているケーキをご紹介します。

モリヨシダショーウィンドウモンブランほか

ケーキ

【定番】モンブラン

値段:6.4€

外側がラム酒がきいたマロンクリーム、内側は滑らかで上品な甘さのフレッシュ生クリーム、中央には栗の甘露煮、下は薄くちょっぴり塩気のきいたサクサクのパイ生地と、何層にもなっています。

このモンブランは2019年11月から日本でも発売中。

渋谷スクランブルスクエアで販売されていて、一時はあっという間に売り切れてしまい整理券が無いと買えない状況だったそうです。

日本の方による口コミは、ほとんどが良い評価でした。

これは本当に買ってよかった!!!
今まで食べたモンブランの中でダントツに好きなお味でした

クリームは見た目よりも全然軽やか、栗感たっぷりで美味!

何個も食べたい

甘さ控えめで、良く言えば上品。
逆を言えば特徴がない感じ。

わたしも次回はしっかり買ってきたいと思います!

ババ・トロピック

値段:6.2€

ブリオッシュにラム酒シロップを染み込ませたフランス名物菓子「ババ・オ・ラム」のトロピカル風味バージョン。

お酒に強い人が多いフランスでは人気のババです。

モリヨシダショーウィンドウタルトほか

タルトシトロン

値段:6€

レモンのメレンゲとレモンクリームが載ったタルト「タルトシトロン」もフランス定番菓子。

パリ・ブレスト・シトロン

値段:6.2€

レモン風味のパリ・ブレストです。

「パリ・ブレスト」とはリング状になったシュー生地でクリームを挟んだシュークリーム。

通常のクリームは生クリームやカスタードクリームではなく、アーモンド等のナッツを使用したアーモンド風味のクリームを挟むのが主流。

モリヨシダの「パリ・ブレスト・シトロン」はレモン風味のクリームだと思われます!

気になりますね~

フラン

値段:4.5€

このフランというお菓子はプリンがもっと凝縮した感じの、卵と砂糖がモッチリ詰まったお菓子。

フランは子供の給食や休日のおやつによく登場する庶民的な定番デザートなんですよね。

庶民的なデザートをあえて作ったモリヨシダさん。

このモリヨシダのフランはフランス人からの評価が高いんですよ。

2020年11月発売のフランス雑誌「Le Point(ル・ポワン)」に「フランスの美味100選(Les 100 goûts qui font la France)」としてモリヨシダのフランが掲載されたんです。

値段もお手頃なので買い求めやすいのも人気が高い理由かもしれませんね。

焼き菓子

パウンドケーキの一種である「ウィークエンド」も販売しています。

  • ウィークエンド
  • ウィークエンド シトロン

なぜウィークエンドを作っているかというと、パティシエ吉田さんの思い出の味だから。

ご実家でお母様が切り分けてくれたレモン味が原点だそうです。

大きめサイズは家族みんなで切り分けて欲しいから。

モリヨシダ公式HP

チョコレート

サロン・ド・ショコラに出店するあいだは伊勢丹でも販売されているモリヨシダのチョコレート。

レモンなどの柑橘味のチョコ、パスティスなどのアルコールが入ったチョコなど、かなり個性的なチョコレートをひと粒ずつ楽しめるようなセットにして販売しています。

ショップやオンラインショップでは通年購入できます。

サブレ

モリヨシダのサブレはザクザクした食感が人気。

ミルクチョコレート味とダークチョコレート味もあるようです。

ジャム(コンフィチュール)

モリヨシダ特製のジャムも製造しています。

コルシカ島のジャムメーカー「O Mà(オマ)」と共同開発しているそう。

保存が効くのでギフトにも最適です。

モリヨシダの店舗情報【パリ・日本】

モリヨシダのショップはパリと東京に1店舗ずつあります。

ケーキの種類が多いのはパリの店舗です。

パリ店舗の住所・アクセス・営業時間

モリヨシダのパリ店舗外観

住所:65 Avenue de Breteuil, 75007 Paris

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる